御眷属(ごけんぞく)様

そうそう、先月行った『三峯神社』で、『御眷属(ごけんぞく)様』と呼ばれる、御札をお借りしてきました。

『三峯神社』は、日本武尊がこの国の平和と人々の幸せを祈り、国生みの神、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉册尊(いざなみのみこと)をお祀りしたのが始まりだそうです。

そしてそのお使い(神様の霊力を受け、神様と同じ働きをするとして仰がれる動物)はオオカミ。

またオオカミとは、三峯山の不思議な霊気を言うと古書にも見え、親しみを込めてお犬様、ご神犬、御眷属様とも呼ばれ、あらゆるものを祓い清め、さまざまな災いを除くと言われています。

そして、この御眷属様を一年間拝借し、一家のご守護をお願いします。
一年たったらお返しに上がり、また新しい一年のために、御眷属拝借するということを繰り返すそうです。

どうやら、オオカミが我が家に来てくださったとのことで、『ピト』と仲良くしてくれるかが心配でしたが、全く問題なかったようです。

ずっと、放置されていた古い御札を、お焚き上げしなくてはいけませんが、この家で、神棚替わりにしているタンスの上に、『御眷属様』の場所をつくりました。

一体ごとに、ちゃんと違うオオカミさんがいらしてくださるようです。
私の感覚では、限りなく雑種の犬に近いかわいらしい子が来てくれたように思っています。

●●● 今日のヒトコト ●●●
思いがけず、我が家にオオカミさんが来てくれました。

● そして『今日の一枚』は、こちら ●

m0468

『慰霊祭』シリーズ⑥
今年も、会場を飾った、多くのキャンドルたち。
こちらは、紙袋の中にキャンドルを仕込んで階段に飾ったもの。
普通の紙袋が、揺らめく光で、大変身です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする